ペット保険とは

現在、日本国内で飼われているペットの数は、犬と猫だけでその総数
は約2,400万匹と言われています。アパートやマンションは、ペットの
入居を許可するところが増えてきました。従来は、ペットは、「飼う」
という意識でしかなかったのですが、最近は、ペットも家族の一員と
いう認識が高まる傾向にあります。人が亡くなったときに、葬儀場で
通夜や葬式を行うように、最近はペットの葬式を行う葬儀場が増えて
きました。

それと同様に、保険は生命保険や医療保険、自動車保険など、大人が
加入するだけでなく、最近は子供の学資保険などもありますが、
ペットにかかる医療費をまかなうペット保険がついに登場しました。
わたしたち人間は、いつどんな病気にかかるかわかりません。
万が一のときのために、急な出費には備えが必要ですが、ペットも大事
な家族の一員として、医療が必要になったときは、十分な医療を受ける
必要があります。現在、ペットと一緒に生活している世帯数は全体の
世帯数の約3分の1にまでなっていると言われておりまさに、ペットにも
保険が必要とされる時代が到来したと言えるでしょう。

最近は、病気にかかるペットが増えてきました。犬の白内障、ガンなど、
治療が長期に渡る場合もあります。今の日本の医療制度は、わたしたち
人間に対して適用される制度で、ペットの医療制度については、まだ
確立されていません。つまり、ペットにかかる医療費に対しては、
とくに基準や規定が定められておらず、病状によっては、ペットの医療費
が高額になる場合があります。ペット保険は、大切なペットが万が一の
事態が起こったときのために備える保険です。

当サイト人気コンテンツ

★ 給付金について
★ トラブル対策
★ 治療費用について
★ 給付金の対象

ペット関連最新ニュース



Copyright (C) 2007 ペット保険@解説NAVI All Rights Reserved.
[PR]  看護師 悩み ローンについて 中性脂肪 横浜市の薬剤師求人募集 リンパマッサージ 小顔 ローヤルゼリー 中古ドメイン 看護師求人比較ランキング