トラブル対策

保険に加入するにあたり、注意点として第一にあげられるのが、
契約後のトラブルです。ペット保険に限らず、すべての保険の加入に
対して重要なことです。契約後のトラブルでもっとも多いのは、保険金
の未払いや加入前の保険の内容に関する内容についての説明の義務を
営業社員が怠り、契約後に加入者から苦情が寄せられるケースもあり
ます。もっとも最悪な事態は、加入していた保険会社の経営破たんです。
生命保険や医療保険など、わたしたちが加入している保険の契約について
は、契約者保護機構というシステムにより、保険が確実に守られています。
これは、保険会社が契約者保護機構に強制的に加入することが義務づけら
れているからです。保険会社が破綻しても、一定の金額について補償され
ます。わたしたちが加入する保険が生命保険や医療保険なら、保険会社が
加入する保険が契約者保護機構です。

契約後のトラブルで多いのは、保障金の未払いや説明義務違反、経営破たん
などです。これらは、私たちが加入する生命保険等を始め、ペットが加入する
ペット保険・共済でもあり得ることです。私たちが加入する保険の場合は、
トラブルに巻き込まれたとしても、法律によって保護されます。

ただし、ペット保険に関しては、契約者保護機能の対象外です。ペット保険に
関しては、契約者保護機能に強制的に加入することが、まだ義務付けられて
いません。また、ペット保険に関する保険業法も存在しておらず、一般の
保険会社のように、保険事業としての免許を取得していないペット保険会社
もあります。ペット保険は、一般の保険とは多少性質が異なっており、
共済として運営されているところが多いようです。
今後は、そのような点についても、改善されるべきでしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 給付金について
★ トラブル対策
★ 治療費用について
★ 給付金の対象


Copyright (C) 2007 ペット保険@解説NAVI All Rights Reserved.