治療費用について

ペットにかかる治療費は、動物病院や獣医など、医療機関によっても違い
があります。わたしたち人間の医療と異なる点は、まず健康保険の適用が
ないことです。初めて医療機関で診察や治療をするときは、必ず健康保険証
を持参して受付窓口に出しますが、これによって、わたしたちの生活が守ら
れています。健康保険証を出さなかった場合、または健康保険証そのもの
を所持していない場合は、全額負担となってしまいます。

ペットが受ける医療に関して、健康保険のシステムが確立されていないのが
現状ですが、最近は、ペットを飼う人が増えてきました。人間の医療費より
も高いペットの医療費を保険でまかなう人も増加する傾向にあります。

ペットにかかる診察・治療に関する費用は、下記のとおりです。
平均的な金額として、千円単位であらわしています。

 ・初診料 1,000円 (最高4,000円程度)
 ・往診料 2,000円 (最高5,000円程度)
 ・1日の入院費 3,000円 (最高10,000円程度)
 ・注射1回につき 1,000円 (最高5,000円程度)
 ・不妊手術 11,000〜24,000円 (最高50,000円程度)

上記が、医療費の平均的な目安です。

また、ペットの健康診断には、がん検診・肥満・糖尿病検診・ワクチンなど
があります。最近は、ペットの平均寿命が短い傾向にあることから、ペットに
対して行われる健康診断の受診は必要です。
ペットを飼うなら、ペットか住みやすい環境を整えてあげることが大切です。
それとともに、ペットが健康でいられること、そして病気やけがをしたときに、
安心して医療が受けられること、その手段として、ペット保険はきっと役に
立てることでしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 給付金について
★ トラブル対策
★ 治療費用について
★ 給付金の対象


Copyright (C) 2007 ペット保険@解説NAVI All Rights Reserved.